ポージング&フィットネス ヨコハマ

BLOG

2021.03.14ブログ

病原体から身を守る栄養素

オーソモレキュラー認定証

「3ない」と関係する栄養素









こんにちは、Orthomolecular Nutrition Expertの宮田勝実です。


一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所より、【「3ない」と関係する栄養素】のPOPが届きましたので、是非参考にしてみて下さい。



1.病原体を入れない・・粘膜
2.病原体に負けない・・・免疫
3.影響(炎症)を長引かせない・・・終息


の3つの「ない」のそれぞれのフェーズに関連した栄養素を積極的に補おうとういうことです。


まず、「病原体を入れない」ように頑張るカラダにしておくには、粘膜を厚く、強く保つことです。
そのために重要な栄養素は…タンパク質、ビタミンA、ビタミンD、グルタミンなどです。


そして、「病原体に負けない免疫力」のために、重要な栄養素は…
ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、グルタミンなどです。


さらには、免疫が働いて病原体をカラダから排除する際には体内で「炎症」が起こるので、その場合に炎症を速やかに終息させるために、DHA、EPAなどが「抗炎症作用」で活躍してくれます。


私も、ビタミンCは多く取り、特に吸収を考慮して「リプソーマルタイプ」を重用しています。ビタミンDは1日に5,000IUは摂取します。
また、グルタミンは吸収のために、なるべく空腹で摂ります。(起床時、トレーニング直後など)


これらの栄養素の必要量はなかなか食事だけでは補えないので、サプリメントを併用しましょう。しかしながら、格安のサプリメントには、含有量や吸収率が非常に劣り、お金を捨てているようなものもあるかもしれませので、良く見極めることが大切です。






ポージング&フィットネス ヨコハマ