ポージング&フィットネス ヨコハマ

BLOG

2020.04.20ブログ

オーソモレキュラー的な予防

オーソモレキュラー認定証

認定Orthomolecurar Nurtrition Expertとして





こんにちは、Posing & Fitness YOKOHAMA代表の宮田勝実です。


私は、【オーソモレキュラー栄養療法(分子栄養学)】『認定Orthomolecurar Nurtition Expert』です。



本来は、【Posing & Fitness YOKOHAMA】に通われるクライアント様の食生活やサプリメンテーションの一助になるための知識なのですが、新型コロナウィルス感染拡大の状況下では、とにかくこの栄養学を活用して『免疫力強化』に特化したサプリメンテーションを自分自身で実行しております。


しかしながら、日々の食生活と栄養素補給を厳格に管理したとしても、やはり感染するときは「する」と認識しています。


数ヶ月間、まるっきり他人と会わずに、只1人で隔離生活するのなら感染率は限りなくゼロパーセントに近いでしょうが、家族で暮らしていますし、日々ウィルス接触のタイミングはあると思います。


そんな状況下で、体調を崩したり、過激な運動やHIITをした直後だったり、ストレスから深酒したりすると、ウィルスに暴露される危険は、日々実践していた栄養補給を凌駕することでしょう。


それでも、「数パーセントでも感染力抑制の可能性があるのなら実行すべきだ」と、私の家族は独自の栄養療法を実践中です。そして陽性となったときでも、初期の症状悪化を抑えられるかもしれないと勝手に信じております。


【自分と妻の一日のサプリメント】(マルチビタミン以外)↓
●ビタミンCを6~8グラム(リポソーマルタイプも含める)
●ビタミンDを10,000~15,000IU
●ビタミンAと鉄分をなるべく鶏レバーなどで摂取
●γ(ガンマ)リノレン酸やオメガ3を含むオイルタイプのサプリ
●亜鉛 30mg程度まで
●グルタミン (プロテインを飲むタイミングなどで)
●オリーブ葉エキス・ピクノジェノール(抗酸化として)


私の母親(84歳)には、ビタミンCサプリメントに追加して、漢方薬の「補中益気湯」と、週に1回の「高濃度ビタミンC点滴25g(ビタミンB群と胎盤エキスを追加)」をさせています。


これらは、あくまでも他人にお勧めすることではなくて、自分たち家族が勝手に実践している栄養素の補充です。


そして、なによりもの予防薬・特効薬は 「STAY HOME」です


ポージング&フィットネス ヨコハマ