ポージング&フィットネス ヨコハマ

BLOG

2019.02.19ブログ

腹筋の縦みぞを作るには・・






あなたのそれは、どう呼ばれたい???
「はら」・・「ウェスト」・・「おなか」・・「アブ」・・それとも「プックリ」???
Posing & Fitness YOKOHAMAでは、「くびれ」と「縦みぞ」の秘策あり!?
クライアント様のミッドセクションはしっかりと改造させてもらいます。


でも、このブログをお読みになって頂けた方に、私(宮田みゆきトレーナー)が気にしている方法を少しだけお伝えします。


男性は、トレーニングしていなくても「ガリガリ君」なら腹筋が見えたりしますよね。


でも、「縦溝」って、しっかりとトレーニングをしないと深くなりません。女性も縦にうっすらと溝があるのが理想です。
(写真の私は無視して下さい・・笑)


どうすれば、縦溝ができるのか???


私は大きく2つのアプローチを重視していますが、まず先にマニアックなアプローチから話します。


例えば、ボディビルや女子フィジークのコンテストの「リラックスポーズ」という、ただ立っているだけのポーズがありますが、あれは全然「リラックス」していなくて、一番キツい姿勢なんです(笑) 
リラックスポーズは背筋がほぼ伸びた状態でもミッドセクショはタイトに保持していなければなりません。
ボディビルの「アブドミナル&サイ」のポーズのように骨盤を後継させて前に屈めば腹筋は強調できますが、普通に立っていても溝を見せられるようにするのは難しいものです。


だから、通常のシットアップやクランチ系ばかりやっても、「屈んだ時点で腹筋を収縮させる」という練習だけになります。もちろん、筋力&筋量アップの基本としてはやらなければなりませんが。


しかし、「見せる&魅せる」となると「姿勢がまっすぐな時」に収縮がかけられる神経支配・神経連動、そして骨盤との連動が必要です。


なので、背中を少し反らせたところから少し屈むまでのモーションで負荷をかけることをしなければなりません。これは、初心者が勝手にやるのは非常に危険です!だから、うちに来て下さい(笑)


もうひとつ、そして一番わたしが重視していることは、エキセントリック(ネガティブ)収縮をかけることです。


折々でお世話になっているYANO’s GYMの谷野義弘さんも腹筋のネガティブをやりこんでいます。「3セットで十分きかせられる。3日は筋肉痛になっちゃうよ。」とおっしゃいます。谷野先生の腹筋は彫刻のようです!!!余談となりますが、谷野先生は腹筋の溝でタオルを挟めるんです!「その芸を、ちょくちょく人に見せることで、腹筋を入れる練習になっちゃうんだよ。」とも話して下さいました。そうですね、常日頃から人に見せたり、鏡で見たりしながら腹筋に力を入れるのが一番良い神経伝達の練習となるんですよね。




もう一度言いますが、縦溝には「ネガティブ」です。それも、私の愛情たっぷりの「フォースドネガティブ」が一番効きますよ(笑)


そして、エビデンスとしてはまだ十分ではないようですが、エキセントリック収縮によって筋肉から「インターロイキン6」というホルモンが分泌され、これが動かした筋肉周辺の脂肪を分解する作用があるのではないかということです。(コンセントリック収縮やアイソメトリックよりもエキセントリック収縮が一番インターロイキン6の分泌が多い)
言ってみれば、ウェストの部分痩せの可能性があるということです。


そして、もう一つ「腹筋トレーニング」の上級者向けテクニックとしては、私の師匠の師匠である「ナルシス山本」先生が重視する『あばら下部の閉じ込み』です。これについては、クライアント様だけに指導させていただきますね!



ポージング&フィットネス ヨコハマ