ポージング&フィットネス ヨコハマ

BLOG

2019.02.14ブログ

ビキニ選手のおならは臭い???



(この記事は、以前に宮田智矢トレーナーのブログ投稿にKATSUMIがライターとして記事を提供していたものを再編集したものです)


ボディビルダーは昔から減量になると、カロリーの調整や栄養面のメリットのために【ブロッコリー】を大量に食べてきました。そして、それを真似て今では女性フィットネスコンペティターのみでなく、一般人のダイエットでもブロッコリーを重用しています。ステーキを食べに行くときにも、ご飯の代わりにブロッコリーを注文する方も多いでしょう。


(さらには、やみくもに「糖質カット」をクライアントに強制するトレーナーたちも、馬鹿の一つ覚えのように「ブロッコリー、ブロッコリー」と叫び続けているようです・・・)



減量になるとご飯を減らす代わりに「ブロッコリー」や「キャベツ」を食べるのですが、食べても食べても満たされない感じではあるものの、栄養的にも優れた「スーパーフ-ド」」なので、一日に何回も食べます。
でも、その「弊害」が一つあるんです・・・「お・な・ら・・・」、まさに「へ-害」です!



最初のうちはその関連に気づかなかったのですが、減量期になると「部屋の空気を黄色に染めるのではないか」と焦るほどの、まさに硫黄のような凄まじい臭いの「連射砲」・・・それはキャベツ・ブロッコリーの食べ過ぎが原因の一つだったのです。



これは、キャベツ、ブロッコリーやカリフラワー、大根、からし菜などの「アブラナ科」の野菜に含まれている「イソチオシネート」という成分・・・このイソチオシネートは、「がん抑制効果」が高いとして注目されてもいますが、ガスを発生させる「硫黄化合物」でもあるのです。
この「硫黄化合物」という成分が、玉ねぎの生ゴミというか卵が腐ったいうか、なんともキツイ「臭い」の原因となるアンモニアを腸内で発生させるのだそうです。



そして「りんご」も・・・食べれば「医者いらず」と言われるほど効能が多いフルーツですが、実は「おなら」を量産する可能性もあるんです。りんごには、果糖やソルビットに加え繊維が多く、体内でガスができやすい「ポリオール」という多価アルコール成分が多く含まれているからです。



なので、ビーガンまでいかなくてもベジタリアンに近い生活をしている女性やヘルシーなダイエッターは、どうしてもそういった野菜の摂取が多くなりがちなので、もしかしたら「へー害」にお悩みかも??どうでもいい憶測なんですが(笑)



「アスパラガス」は・・「ガス」っていうくらいだから、やはり「おなら」がたくさん発生するかと思いきや、善玉菌の成長を促す成分も含まれており、消化機能の働きを良くするので、ガスの発生を防ぎ、「おなら」を減らすことができます。



ですので、乳酸菌はしっかり摂取しつつみなさんはデートの前日にはブロッコリーやキャベツなどの多食は避けて下さいね


ポージング&フィットネス ヨコハマ