ポージング&フィットネス ヨコハマ

BLOG

2019.01.29ブログ

エプソムソルト入浴



「エプソムソルト」を浴槽に入れる入浴法・・数年前に『ハリウッド女優やセレブたちがこぞって活用している』ということで、たとえば雑誌『GOSSIPS』でも【マイナス2キロの入浴法・エプソムソルト・バス】として取り上げられてから、日本でも一気にメジャーになりましたね。
(ヴィクトリア・ベッカムが「次の日になると2キロ痩せている」と言ったとか・・)


通常の入浴剤とは一線を画する「バスソルト入浴法」ですが、海外のボディビルダーの直前調整法としてはだいぶ前から活用されており、私も20年以上前の「月刊ボディビルディング」の記事で知ったようなものです。(しかし、当時、「見よう見まね」で使用していたのは、ただの「塩」だったのでしょうが・・)


「エプソムソルト」は、「ソルト」といっても、実は塩分は含まれておらず、エプソムソルトは、「硫酸マグネシウム」というミネラルのひとつなんです。


そしてよく言われている効果は・・・



【ダイエット効果】
「ミネラルの王様」とも言われるマグネシウムを皮膚から直接身体に取り込めることで、血液をサラサラにしたり、血圧や中性脂肪の値を下げたり、カルシウムの働きをサポートしたり、そしてまた、代謝に関係する酵素の活性化や糖のエネルギー変換を促すこともしてくれるので、体脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれ、痩せやすい体作りにも効果的だということです。
もちろん、余分な水分や毒素を汗として排出してくれるため、むくみの解消や体臭の防止にも効果的だとも言われます。
【疲労回復効果】
全身の血行がよくなり、身体に溜まった老廃物が体外へ排出されやすくなるため、疲労回復や冷え性にも効きます。(この効果は確実でしょうね)
さらに、関節や脳組織などのタンパク質を形成する役割もあることから、筋肉痛や関節痛などの痛みを緩和するとも・・・。
【美肌効果】
マグネシウムは肌の細胞の分裂を助ける(新陳代謝を促進)ので、それを皮膚から直接浸透させるわけですから、「絶対にツルツルお肌になる」と期待するわけです。


以上の効果を考慮すると、「スパ」や「サウナ」に設備されている「塩サウナ」や「ミストサウナの塩」も個人的には同程度の効果を感じられます。


前述の通り「エプソムソルト」は、ボディビルダーの過酷な減量期にも利用されることがあり、今では「フィットネスビキニ」などの女性フィットネスコンペティターにこそ重宝されています。
減量を続けると代謝が落ちるので、代謝維持および疲労回復のためですが、コンテスト直前の「水抜き」にも、アリです。


私も普段よりエプソムソルトを使用しております。このエプソムソルト入浴はあまり長時間は推奨されずに「15~20分程度、そして週2~3回程度で良い」という記述もありますが、(個人的には)毎日30分入っても全然大丈夫です。



そしてさらに個人的な体感で言いますと、(カラダの長時間の保温が)就寝時に毛布(またはタオルケット)1枚分近く違うと思います。


市販の入浴剤と何度も体感を比べましたが、やはりエプソムソルトに軍配が上がります。


また、しっかりと入浴したのに「なんか今日はカラダが芯から温まらないなあ」とよくよく考えたら、「あ、入れたつもりのエプソムソルトを入れ忘れていた」ということもありました。そう、エプソムソルトはほぼ無色・無臭なので、ラベンダーなどのエッセンスオイルを垂らして、相乗効果と香りを楽しむこともお薦めします。(おすすめのエッセンシャルオイルは次回にて)



日本で、エプソムソルトがメジャーになった最大の理由は、格安で良質な国産品が手に入るようになったからだと思います。




私も最初はアメリカ製の高級品を使いましたが、現在では国産品を使用しています。私が直前調整用としてエプソムソルトの使用を薦めた女子選手の中には「アメリカ製のものと安い国産品の両方を買ってみましたが、アメリカ製の方が汗の出が良いみたいです」という方もおられましたが、私個人的には「格安で良質な」ものをけちらずに「たっぷり」と入れるのが良いかな・・と思います。
また、「ラベンダー成分入りの製品」は、エッセンシャルオイルを入れる手間がいらずに、凄く良い香りがして気に入っています。



以上、受け売りでなくて実際の使用感からのレポートでした。



この記事は、以前に宮田智矢トレーナーのブログ投稿にKATSUMIがライターとして記事を提供していたものを再編集したものです


ポージング&フィットネス ヨコハマ